「冠大会と変らない」日本オープンのコース設定にプロ苦言

公開日:  更新日:

【日本オープン 初日】

「初日を見た限りでは、冠トーナメントと変わらないですね」

 こう語るのは並木俊明プロだ。

 今大会が横浜CCで開催されるのは、1978年以来2度目。2014年からの大改修により、2グリーンが1グリーンとなり花道は消えた。グリーン回りの斜面は刈り込まれボールが転がり落ちるようになった。

 ところが、戦略性が高くなったといわれるこの“新コース”、初日はバーディーの山。今は本調子と言えない49歳の藤田寛之が6連続を含む8バーディー、1ボギーの7アンダーの首位タイだから「自分でもビックリ」と言うのも当然だろう。

 同じく7アンダーのB・ジョーンズも「日本オープンの最初の10ホールで7アンダーはなかなか出せないので、素晴らしいスタートになった」と上機嫌。このジョーンズは14番(パー5)でドライバーを左ラフに入れても、残り220ヤードの距離を7番アイアンでピンそば1メートルにつけてイーグルを奪っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る