吉田輝星1位は2球団程度か “特A”不足で各球団リスク回避も

公開日:

 しかし、セ球団のスカウトはこう言っている。

「最終的には吉田に4、5球団の指名が集中する可能性はある。東洋大の3投手が春先と比べて状態を落としているからです。潜在能力は梅津が一番高いものの、登板経験が少ない。甲斐野は抑えしかやっていないし、上茶谷も投手としてはまとまってはいますけど、春先の球速、球威が戻っていない。ならば、将来性込みで吉田、となるケースも考えられます」

■直前で方向転換する球団続出かも

 たとえば今季、10年ぶりの優勝を果たした西武は、エースの菊池雄星が入札制度によるメジャー移籍が確実で、投手力強化が課題。近年は高橋光成、今井達也と甲子園のスター選手を獲得しており、2位以下で即戦力投手と組み合わせれば、吉田の指名があっても不思議ではない。


「阪神は今季、最下位に転落し、観客動員は前年を下回った。スター選手も不在です。人気優先で吉田にひっくり返る可能性はある。阪神に限らず、直前に吉田にいく球団が意外と少ないという情報が入れば、方向転換する球団が続出するかもしれません」(マスコミ関係者)

 現時点では「2球団程度」でも、いざフタを開けてみれば「1番人気」もあり得るというのだ。

 この日早速、大半の球団が金足農に調査書を届ける連絡をしたという。吉田の指名を巡る綱引きはますます激しくなりそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る