吉田輝星1位は2球団程度か “特A”不足で各球団リスク回避も

公開日:

 今夏の甲子園準優勝投手で金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星(18)が10日、秋田市内の同校で会見に臨み、プロ志望を表明。「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どの球団に行っても努力していきたい」と12球団OKの姿勢を示したが、最終的に何球団が吉田を1位指名するか。

 あるパ球団のスカウトは「今年の特Aランクの7人の中に入っている」と、こう続ける。

「ただし、高校生である吉田は即戦力という位置づけではない。1位指名する球団は投手が欲しくて、なおかつ人気や話題性を重視し、一軍投手陣に比較的余裕がある球団になってくるだろう」

 複数のスカウトの話を総合すると、現時点では「2球団程度ではないか」との声が多い。

「1位はバラけるでしょう。特A選手が12人に満たないため、クジを外した場合のリスクが大きいからです。野手が欲しいところは根尾昂、藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗にいく。投手優先の球団は東洋大の3投手(甲斐野央、梅津晃大、上茶谷大河)か吉田という構図。ここに、松本航(日体大)が割って入ってくるかどうか」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る