吉田輝星プロ表明も巨人は指名回避か 原新監督で不透明に

公開日:

 今夏の甲子園準優勝投手で金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星が10日、秋田市内の同校で会見に臨み、プロ志望を表明した。

 甲子園終了後に好きな球団を問われた際、「巨人が好き。行きたいです」と発言。この日もそれを聞かれたが、「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どの球団に行っても努力していきたい」と12球団OKの姿勢を示した。

 当初は北東北大学リーグの八戸学院大(青森)に進学予定だったが、夏の甲子園の活躍などで心境が変化。国体終了後の今月4日、大学側に断りを入れたという。

 この日、正式にプロ志望届を提出したことで、各球団はドラフト戦略の再考を迫られることになる。注目されるのは、吉田に「好き」と“逆指名”された巨人の動向だ。

 巨人は9月末の段階で吉田を1位指名することで一本化。日刊ゲンダイの取材に鹿取GMも「そのつもりです」と認めていた。それが、ここにきて大阪桐蔭の根尾昂が最有力に浮上。「高橋由伸監督の今季限りでの辞任が発表された2日後のスカウト会議でひっくり返った。次期監督の原さんの意向でしょう」と、球界関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る