松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

巨人は同じ所をぐるぐる回ってねえか?

公開日:

 巨人の監督に原辰徳がなるらしい。野球ファンの罵声が聞こえる。

「原だってよ」

「またかよ」

「なに考えてんだ巨人って?」

「原から由伸に代わったのは失敗だったから、元に戻すんだな」

「先を見る目がねえ」

「おんなじ所をぐるぐる回ってる」

「原って、素性の怪しいやつらに脅されて1億円払ったやつだろ」

「賭博やら選手がモンダイ起こしたときに、とっとと辞めて由伸に押し付けて、新しい巨人つくるんだっつといて、無能なフロントが三流選手ばかりあてがいやがって、勝てなきゃ、また原かよ」

 そういう巨人ファンの怒りをぜんぶ背負って勇躍新監督発表会見に臨んだスポーツ記者が、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る