松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

巨人は同じ所をぐるぐる回ってねえか?

公開日: 更新日:

 巨人の監督に原辰徳がなるらしい。野球ファンの罵声が聞こえる。

「原だってよ」

「またかよ」

「なに考えてんだ巨人って?」

「原から由伸に代わったのは失敗だったから、元に戻すんだな」

「先を見る目がねえ」

「おんなじ所をぐるぐる回ってる」

「原って、素性の怪しいやつらに脅されて1億円払ったやつだろ」

「賭博やら選手がモンダイ起こしたときに、とっとと辞めて由伸に押し付けて、新しい巨人つくるんだっつといて、無能なフロントが三流選手ばかりあてがいやがって、勝てなきゃ、また原かよ」

 そういう巨人ファンの怒りをぜんぶ背負って勇躍新監督発表会見に臨んだスポーツ記者が、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る