貴乃花が手にした5000万円 “9.25退職”にこだわった理由

公開日: 更新日:

 貴乃花(46)が協会を去るにあたって、執拗にこだわったのは退職の日付だった。

 臨時理事会で正式に退職が認められたのは10月1日だったが、貴乃花は弁護士を通じて9月25日にしてもらいたいと言った。

 ある親方の解説はこうだ。

「翌26日には番付編成会議があった。審判部に所属する貴乃花は、書類上の不備で正式に退職が認められていないだけに本来、出席義務がある。けれども、一方的に会見を開いて辞めますと言ったきり、なしのつぶて。無断欠勤となれば、懲戒の対象になる。退職金や功労金に響く可能性があるだけに、25日にこだわったんじゃないか」

 それでも貴乃花の退職は書類が正式に受理された10月1日になった。だとすれば「無断欠勤」は退職金や功労金に影響するのか。そもそも、あれだけ協会に刃を向けた貴乃花に退職金はともかく、功労金は盗人に追い銭にならないか。出るとすれば退職金と功労金はいくらくらいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る