ボクシング井上尚弥 キレイな顔は「70秒衝撃KO」の勲章

公開日: 更新日:

 前日試合をしたとは思えない、晴れやかな「顔」である。

 7日に初防衛を果たしたボクシングWBAバンタム級王者の井上尚弥(25)が8日、一夜明け会見を行った。井上は主要団体の王者らがトーナメント制で戦うWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)の初戦で、元WBAバンタム級スーパー王者のパヤノ(34=ドミニカ共和国)と対戦。わずか1ラウンド70秒、左ジャブから右ストレートを叩き込み、パヤノをマットに沈めた。

 会見で「試合は完璧」と自画自賛したのも当然。この試合で井上が繰り出したパンチらしいパンチといえば、KOシーンのワンツーのみ。しかも70秒という超スピード決着で、顔を殴られるヒマすらなかった。

 井上は通称「モンスター」。キレイな顔の怪物もいたもんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る