ボクシング井上尚弥 キレイな顔は「70秒衝撃KO」の勲章

公開日:

 前日試合をしたとは思えない、晴れやかな「顔」である。

 7日に初防衛を果たしたボクシングWBAバンタム級王者の井上尚弥(25)が8日、一夜明け会見を行った。井上は主要団体の王者らがトーナメント制で戦うWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)の初戦で、元WBAバンタム級スーパー王者のパヤノ(34=ドミニカ共和国)と対戦。わずか1ラウンド70秒、左ジャブから右ストレートを叩き込み、パヤノをマットに沈めた。

 会見で「試合は完璧」と自画自賛したのも当然。この試合で井上が繰り出したパンチらしいパンチといえば、KOシーンのワンツーのみ。しかも70秒という超スピード決着で、顔を殴られるヒマすらなかった。

 井上は通称「モンスター」。キレイな顔の怪物もいたもんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る