ラグビーW杯まで1年 L.マイケルのライバル松橋周平を直撃

公開日: 更新日:

 2019年ラグビーW杯日本大会が開幕まで1年を切った。史上初の8強入りを目指す日本は、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)の下、11月のテストマッチから代表メンバーの絞り込みが本格化する。多くの外国出身選手が候補に名を連ねる中、代表入りを虎視眈々と狙っているのがナンバー8の松橋周平(24歳=リコー・ブラックラムズ)だ。180センチ、99キロとFWにしては小柄ながら、ジョセフHCの初陣だった16年11月のアルゼンチン戦で代表デビュー。昨年10月の世界選抜戦で右膝前十字靱帯断裂で戦列を離れたが、長いリハビリを経て今季復帰を果たした。ラグビーに取り組む姿勢をジョセフHCから高く評価され、外国人選手とのポジション争いに挑む松橋を直撃した。

■ウインタースポーツと比べて恵まれている

 ――W杯開幕まで1年に迫りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る