律儀な性格ゆえに…森保「兼任」監督を悩ます“大人の事情”

公開日: 更新日:

 キリンチャレンジ杯(12日パナマ戦=新潟、16日にウルグアイ戦=埼玉)を控えている森保ジャパンは、4日に発表した代表メンバー23人にロシアW杯代表で主軸の6選手を復帰させた。

 ちなみにガラタサライDF長友佑都のAマッチ出場試合は、今招集メンバー最多の「109」。これにサウサンプトンDF吉田麻也「86」、マルセイユDF酒井宏樹の「47」……と続いて6選手の合計は「333」。ロシア組のレギュラーが1人もいなかった森保ジャパンの初陣コスタリカ戦(9月)のスタメン11選手の合計は「78」だった。

 それもこれも五輪監督を兼任する森保一監督(50)が、23歳以下で構成される東京五輪代表のレベルアップのために若手を積極的に試そうとしたからだが、どうやらオトナの事情が指揮官の足を引っ張っているという。

「冠スポンサーや試合を放映するテレビ局としては<ロシアW杯で活躍して名前と顔が売れている選手に出てもらいたい>というのがホンネ。純粋に戦力としてロシア組の方が計算できる――というのもあるが、森保監督は世代交代を粛々と進めるべきか、スポンサーの恩に報いるべきか、完全に板挟み状態になっている」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る