貴乃花「弟子は我が子」の嘘 貴ノ岩の日馬富士訴訟で露呈

公開日:

 貴乃花(46)に言わせれば、「弟子は我が子」だという。9月25日の引退会見でも、「今後、弟子ではなくなりますが、意思としては師匠とお父さんと言うことになると思います」と話していた。

 だが、貴乃花は本心からそう思っているのだろうか。

 去る4日、貴ノ岩が元横綱日馬富士に対し、約2400万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。貴ノ岩は昨年10月、元横綱に殴られ、頭部に全治2週間のケガ。11月場所と翌1月場所を休場。春巡業は心的外傷後ストレス障害(PTSD)で休んだ。

 ある親方は「貴ノ岩は事件を大ごとにしたくなかった」と、こう話す。

「なにせ、日馬富士が引退した直後、『これじゃあモンゴルに帰れなくなる……』とこぼしていたからね。先輩横綱への怒りや不満があったにせよ、引退までは望んでいなかった。それを貴乃花が協会批判の道具として利用した。貴ノ岩がPTSDになった原因も殴られたことより、結果的に母国の英雄を引退に追い込んでしまったことが大きかったというんだな。しかも、訴訟まで起こしたらますますモンゴル人脈の中では肩身が狭くなる。本当に貴ノ岩の意思で訴えたのかどうか、はなはだ疑問だね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る