巨人と相思相愛のはずが…プロ決断の吉田輝星に“隠れ本命”

公開日: 更新日:

 甲子園のスターがプロの門を叩く。

 今夏の甲子園で金足農(秋田)を準優勝に導いたエース、吉田輝星(3年)がプロ入りを決断。週明けにもプロ志望届を提出し、10日に進路表明会見を行う。

 2日の福井国体後、両親や金足農の中泉一豊監督らと面談。外部コーチとして吉田を育てた正村公弘監督率いる八戸学院大への進学が既定路線だったが、辞退を申し入れたという。

 25日のドラフト会議での1位競合は確実。どの球団がクジを当てるかに注目が集まる。吉田は夏の甲子園終了後、「巨人が好き。行きたいです」と無邪気に“逆指名”。高校日本代表の合宿中には、巨人のタオルを使用するなど、「巨人ファン」を隠さなかった。

 一方、「告白」された巨人は、松井以来となる甲子園のスターを渇望している。昨年は早実の清宮(現日本ハム)を指名して逃した。5日、スカウト会議を開いた巨人の鹿取義隆GMは先週、日刊ゲンダイの直撃に、「せっかくああ言ってくれてますしね。吉田は即戦力じゃない? でもいい投手ですから。1位は決定? そうですね。プロ志望届を出せば、そうなります」と明言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る