ドラ1候補 報徳学園・小園の4失策を真に受けてはいけない

公開日:

 だれが言ったか知らないが、ドラフト1位候補・小園海斗(報徳学園)の評価が落ちていると聞いた。

 宮崎で行われたU18の韓国、台湾戦で計4失策。日本代表にとって重要な試合で、失点につながる致命的なエラーをしたことがマイナスらしい。

 小園は走攻守、三拍子そろった遊撃手。夏の甲子園ではチームをベスト8に導いた。その後の国体でも活躍した根尾(大阪桐蔭)の評価がうなぎ上りで、小園から根尾に乗り換えた球団もあるって話だ。ウチのエラいさんまで、「う~ん、エラーした分、数値がちょっと……」なんて言い始めたらしい。

 だもんで、宮崎のU18に行った部長に聞いてみたんだ。小園はやっぱり、ダメなのかってね。

「打つ方はいい。というかバツグンだ。脚力もある。深く守ってる割に肩の強さはそれほどじゃないし、スローイングに難があるのも前から気になってたんだが、夏の甲子園のときと比べて宮崎での守備は確かにおかしかったな。腰高だし、どうも集中していないように見えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る