田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

スタジアム「J1基準」が町田飛躍の足かせにならないか?

公開日:

 IT大手のサイバーエージェントが「J2町田の運営会社の株式80%を11億4800万円で取得して子会社化した」というニュースを聞いて「(目もくらむような大金ではあるが)11億円ちょっとでJクラブのオーナーになれるのか……」と思った人は(私を含めて)少なくなかったのでは? それにしても、どうして町田だったのか? 

 関東圏のJ2クラブには、かつてJリーグ人気を牽引した東京V、キング・三浦カズ擁する横浜FC、J1でも実績のある大宮や千葉がある。

 地味な印象を町田に抱く人もいるだろうが、私たちの年代にしてみたら有数のサッカーどころのイメージが強い。70年代からFC町田というクラブが活発に活動を続けており、元日本代表MF北沢豪氏、現代表の川崎FW小林悠といった名選手を輩出している。

 サイバーエージェントがどんな強化策を打ち出し、いつJ1昇格をかなえるのか、注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る