DeNAは駅伝撤退も…瀬古監督の決断が“空砲”に終わる根拠

公開日:

「隗より始めよ」ということだろう。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)が総監督を務める実業団チームのDeNAは1日、11月の東日本実業団対抗駅伝への欠場を決めた。今後は駅伝大会へは一切出場せず、トラック競技とマラソンに集中し、世界選手権などの国際大会などでの活躍を目指すという。

 瀬古氏のこれまでの発言からすれば当然の「決断」といえる。

 日本選手が五輪でメダルを取ったのは、女子は2004年アテネ金の野口みずき、男子は1992年バルセロナの森下広一の銀が最後。以後、アフリカ勢の急速な台頭もあり、日本勢は世界レベルから大きく遅れた。

 瀬古氏は2年後の東京五輪のマラソンでメダルを取るため、選手強化のリーダーに就任したものの、国内マラソンの低迷に大きな危機感を持っている。その主な原因は、「マラソンを本気でやろうとする選手が少なくなっている。私が現役の頃はマラソンが本業。駅伝は副業だった。今はそれが逆になっている」と語り、いつも嘆いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る