DeNAは駅伝撤退も…瀬古監督の決断が“空砲”に終わる根拠

公開日: 更新日:

「隗より始めよ」ということだろう。

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)が総監督を務める実業団チームのDeNAは1日、11月の東日本実業団対抗駅伝への欠場を決めた。今後は駅伝大会へは一切出場せず、トラック競技とマラソンに集中し、世界選手権などの国際大会などでの活躍を目指すという。

 瀬古氏のこれまでの発言からすれば当然の「決断」といえる。

 日本選手が五輪でメダルを取ったのは、女子は2004年アテネ金の野口みずき、男子は1992年バルセロナの森下広一の銀が最後。以後、アフリカ勢の急速な台頭もあり、日本勢は世界レベルから大きく遅れた。

 瀬古氏は2年後の東京五輪のマラソンでメダルを取るため、選手強化のリーダーに就任したものの、国内マラソンの低迷に大きな危機感を持っている。その主な原因は、「マラソンを本気でやろうとする選手が少なくなっている。私が現役の頃はマラソンが本業。駅伝は副業だった。今はそれが逆になっている」と語り、いつも嘆いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る