会長追放も…山根派vs再興する会“仁義なき戦い”は第2幕へ

公開日: 更新日:

 8日に「辞任」を表明した日本ボクシング連盟のドン、山根明氏(78)だが、どの役職を辞任したのかが、いまだ不透明だ。9日、山根氏は報道各社の取材に対し「会長、理事とも辞任した」と語り、毎日新聞には「会長と理事の2つを辞めるのだから、連盟も退会するということ」と説明した。

 問題は「関西ボクシング連盟理事長」の肩書も捨てたのかどうか。8日の日本連盟の会見で、吉森照夫専務理事(73)は「私は関東連盟理事長なので、関西連盟のことにはタッチしていない」などと曖昧にしていただけに、「関西連盟の中での生き残りを図るだろう」という見方が根強い。そうなると結局、アマチュアボクシング界の山根支配は残されたままだが、「日本ボクシングを再興する会」の関係者はこう言う。

「山根氏が関西連盟に居座るようなことがあれば、助成金流用で刑事告発します。音声テープという証拠もありますからね。JOC(日本オリンピック委員会)の要請により、第三者委員会も立ち上がります。山根氏が刑事訴追されれば、連盟からの除名は避けられない。私たちは、山根氏を日本のボクシング界から永久追放するまで徹底的に戦います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る