初メジャーVへ 松山と同組のファウラーが5アンダー2位発進

公開日:  更新日:

 【全米プロゴルフ選手権】

 松山英樹と同組のリッキー・ファウラー(29)がリーディングボード上位に飛び出た。

 190センチを超える大型プレーヤーが珍しくない米ツアーにあって175センチと小柄だが、ドライバー平均飛距離300.7ヤードと爆発力があり、2010年から8年連続で米シードをキープ。世界ランクでも9位につける実力者だ。

 イン発進の初日は前半2バーディー、1ボギーの34でターン。ショット、パットとも冴え、後半に入ると1番4メートル、3番90センチのバーディーパットを決めてスコアを伸ばしていった。

 7番ではカラーから10メートルをカップに放り込みバーディー。そして続く8番でもバーディーを奪い、アウトはノーボギーで回り5アンダーでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る