• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初メジャーVへ 松山と同組のファウラーが5アンダー2位発進

 【全米プロゴルフ選手権】

 松山英樹と同組のリッキー・ファウラー(29)がリーディングボード上位に飛び出た。

 190センチを超える大型プレーヤーが珍しくない米ツアーにあって175センチと小柄だが、ドライバー平均飛距離300.7ヤードと爆発力があり、2010年から8年連続で米シードをキープ。世界ランクでも9位につける実力者だ。

 イン発進の初日は前半2バーディー、1ボギーの34でターン。ショット、パットとも冴え、後半に入ると1番4メートル、3番90センチのバーディーパットを決めてスコアを伸ばしていった。

 7番ではカラーから10メートルをカップに放り込みバーディー。そして続く8番でもバーディーを奪い、アウトはノーボギーで回り5アンダーでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る