• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メーカーは戦々恐々…クラブに縛られないプロが増えたワケ

 100回目を迎える今年の全米プロ。メジャー最終戦になるが、ゴルフ業界が注目する話題がある。

 実はマスターズ優勝のパトリック・リード、全米オープン2連勝のブルックス・ケプカ、そして全英オープンに勝ったフランチェスコ・モリナリの3人は共通して、どこのメーカーともクラブ契約を結んでいないのだ。

 正確に言えば、モリナリはベティナルディとパター使用契約を結んでいるが、その他のクラブはどこのメーカーとも契約していない。

 これで全米プロでもクラブ契約を結んでいないプロが優勝することになれば、プロのクラブ契約のあり方が変わりそうだと、関心を集めているのだ。

 P・リードはクラブ契約についてこう語っている。

「総合的で大きなクラブ契約を結べば、それに縛られることになる。全て同じメーカーのクラブを使わなくてはならなくなるが、ひとつのメーカーが全てのプレーヤーに完璧に合う14本のクラブを作れるというのは信じられない。(クラブ契約しなければ)自分は自分に完璧に合ったクラブを使うことができるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る