メーカーは戦々恐々…クラブに縛られないプロが増えたワケ

公開日:

 100回目を迎える今年の全米プロ。メジャー最終戦になるが、ゴルフ業界が注目する話題がある。

 実はマスターズ優勝のパトリック・リード、全米オープン2連勝のブルックス・ケプカ、そして全英オープンに勝ったフランチェスコ・モリナリの3人は共通して、どこのメーカーともクラブ契約を結んでいないのだ。

 正確に言えば、モリナリはベティナルディとパター使用契約を結んでいるが、その他のクラブはどこのメーカーとも契約していない。

 これで全米プロでもクラブ契約を結んでいないプロが優勝することになれば、プロのクラブ契約のあり方が変わりそうだと、関心を集めているのだ。

 P・リードはクラブ契約についてこう語っている。

「総合的で大きなクラブ契約を結べば、それに縛られることになる。全て同じメーカーのクラブを使わなくてはならなくなるが、ひとつのメーカーが全てのプレーヤーに完璧に合う14本のクラブを作れるというのは信じられない。(クラブ契約しなければ)自分は自分に完璧に合ったクラブを使うことができるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る