森保監督が高く評価 FW武藤は英プレミアで活躍できるか

公開日:  更新日:

 欧州の主要リーグは10日に英プレミア、フランス、オランダ、ポルトガルが開幕。欧州でプレーする日本代表選手で注目は、英プレミアの古豪ニューキャッスルに移籍したFW武藤嘉紀(26)だろう。「フィジカルが強く、相手DFの背後を突くタイミング、スピードを森保日本代表監督が高く評価している」(サッカー関係者)からだ。

 2015年5月、独の中堅のマインツに移籍した武藤は、3シーズン目の17―18年シーズンに公式戦10ゴールの大活躍。かつてRマドリード、リバプールなどを率いたニューキャッスルのベニテス監督のお眼鏡にかなって移籍金14億円・4年契約・年俸4億円の厚遇をもって迎え入れられた。

 8日までに移籍に関する手続きも完了。11日に行われる開幕戦トットナム戦のメンバー入りするのは「間違いない」と地元メディアも予想している。新天地・英プレミアで活躍できるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る