池江璃花子が日本新で2位 リオ“3冠女王”レデッキーに勝利

公開日:  更新日:

 女子のエースが絶対女王に競り勝った。

 9日に開幕した競泳の国別対抗戦パンパシフィック選手権(東京・辰巳)。女子200メートル自由形決勝で、池江璃花子(18)が1分54秒85の日本新記録で2位。

 3位(1分55秒15)に終わったリオ五輪自由形3冠(200メートル、400メートル、800メートル)のケイティ・レデッキー(21=米国)を抑えて、主要国際大会初のメダル獲得である。

 自由形の女王相手に終始、リードしてレースを終えた池江は「レデッキー選手に勝てたのは自信になりました」と笑顔を見せたが、2020年の東京五輪では、やはり「3冠王」が最大のライバルになりそうだ。

 米国の名門スタンフォード大に籍を置く現役女子大生でもあるレデッキーは、これまで中長距離を重点的に強化してきた。レース後の本人によれば東京五輪に向けて、池江がメダルを狙う100メートル以下の短距離にも力を入れるそうで「今日は世界の強豪選手と泳げていい経験になった。今後も努力を続けていきたい」と、2年後に迫った五輪での雪辱を口にした。今年3月にプロに転向したばかり。五輪や世界選手権でのメダル獲得で、スポンサー企業から多額のボーナスも用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る