巨人にまた故障者…それでも由伸監督は“評価上昇”の不思議

公開日:  更新日:

 巨人にまた故障者が出た。

 9日の阪神戦の初回、1番に起用されたマルティネスが左中間へ二塁打。阪神の中継プレーがもたつく間に、好走塁で三塁を陥れた。続く重信の適時打であっという間に先制のホームを踏んだものの、二回の守備から退いた。

 球団によると、三塁に頭からジャンプしてヘッドスライディングをした際、左手小指を痛めたという。

 まさに二の舞いだ。1日のDeNA戦でも吉川尚が一塁にヘッドスライディングした際に左手を骨折した。学ばない球団といわれても仕方がない。

 ここにきて故障者が続出している。

 野手はこの2人以外にも、主将の坂本勇が左脇腹の肉離れで戦列を離れている。

 投手陣も、守護神を務めていたマシソンが左膝痛で不在。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る