• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

練習で好投も…ダルのプレーオフローテ入りに強力ライバル

 右上腕を痛めて故障者リスト(DL)入りしているカブス・ダルビッシュ有(31)が、復帰に向けてようやくスタートラインに立った。

 8日(日本時間9日)に遠征先のカンザスシティーで実戦形式の打撃練習に登板。打者2人に計33球を投げ、安打性の当たりを許さなかった。

 ダルの投球を見守ったマドン監督は「いい投球をしていた。球速も92~93マイル(148~150キロ)は出ていた。ゆったりとしたフォームで投げているように見えた」と、順調な回復ぶりに安堵の表情を見せた。

 スポーツ専門局ESPN(電子版)など複数の米メディアによれば、近日中にも再度、実戦形式で登板。患部に異常がなければ、マイナー戦のマウンドに上がって調整するという。

 チームは2位ブルワーズに1.5ゲーム差をつけてナ・リーグ中地区首位(8日終了時)。今月中にダルがメジャー復帰すれば、ポストシーズンの出場資格を得るが、10月以降のローテーション入りには強力なライバルが立ちはだかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る