投球練習再開で制限される打席…大谷は本塁打を増やせるか

公開日: 更新日:

「いまはまだ、投手として軽い調整だが、段階が上がればリカバリーに費やす日も考慮しなければならない。打者としての出場は、医療スタッフの評価をもとに決めていくことになる」

 エンゼルスのソーシア監督が8日(日本時間9日)、大谷翔平(24)に関してこう言った。

 11日(同12日)にはブルペンで投球練習を再開。今後、投手としての調整が進むにしたがって肩肘を休ませる必要が出てくるから、ただでさえ打者としての出場は制限される。

 さらに現地9月1日以降の29試合は、ホワイトソックス3連戦を除いてすべて同地区との対戦。大谷は同地区の試合に限ると打率.229、1本塁打とサッパリなのだ。

 同地区では首位のアストロズに加え、マリナーズ、アスレチックスもプレーオフの可能性を残している。すでに消化試合に突入しているエンゼルス戦での取りこぼしは避けようと、目の色を変えてくる。中軸を打つ大谷へのマークはこれまで以上に厳しくなる。

 大谷はスタメン出場した最近の5試合で3本塁打。打撃の調子は上向いている。今後は打席数が減るうえ、終盤は難敵が控えているだけに、本塁打を量産するならいまのうちだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る