報徳学園・大角監督が語る ベテラン監督の後を継いだ心境

公開日:  更新日:

 昨春のセンバツ後、恩師のベテラン監督からバトンを受け取り、甲子園出場を果たしたのがあす登場する報徳学園(東兵庫)の大角健二監督(38)だ。2002年のセンバツ優勝をはじめ春11回、夏7回の甲子園出場を誇る永田裕治前監督の後を引き継ぐプレッシャーはないか。国語科教諭で、永田前監督の教え子でもある大角監督に聞いた。

 ――昨年のセンバツ後に永田監督が勇退。その時の心境は?

「僕が初めてそれを知ったのは去年の1月。当時は部長だったのですが、急に永田監督から呼ばれて、後任が僕であることを知らされた。本当にびっくりして、『僕でいいのかな』と思ったくらいです」

 ――名将の後を継ぐプレッシャーはありますか。

「最初に引き受けたときは、何がプレッシャーなのかわからなかった。就任直後はセンバツ4強の余韻もありましたからね。でも夏と秋の県大会に負けて、甲子園から遠のいた……と思った瞬間に、どっと重圧がのしかかってきた。ああ、これがプレッシャーなのかと、ようやく理解できた。メンバー発表もそう。これまでも部長としてメンバー発表はしていましたが、それは永田監督の決めたことをそのまま言っていただけ。それが監督として自分が選手を選ぶ立場になると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る