• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報徳学園・大角監督が語る ベテラン監督の後を継いだ心境

 昨春のセンバツ後、恩師のベテラン監督からバトンを受け取り、甲子園出場を果たしたのがあす登場する報徳学園(東兵庫)の大角健二監督(38)だ。2002年のセンバツ優勝をはじめ春11回、夏7回の甲子園出場を誇る永田裕治前監督の後を引き継ぐプレッシャーはないか。国語科教諭で、永田前監督の教え子でもある大角監督に聞いた。

 ――昨年のセンバツ後に永田監督が勇退。その時の心境は?

「僕が初めてそれを知ったのは去年の1月。当時は部長だったのですが、急に永田監督から呼ばれて、後任が僕であることを知らされた。本当にびっくりして、『僕でいいのかな』と思ったくらいです」

 ――名将の後を継ぐプレッシャーはありますか。

「最初に引き受けたときは、何がプレッシャーなのかわからなかった。就任直後はセンバツ4強の余韻もありましたからね。でも夏と秋の県大会に負けて、甲子園から遠のいた……と思った瞬間に、どっと重圧がのしかかってきた。ああ、これがプレッシャーなのかと、ようやく理解できた。メンバー発表もそう。これまでも部長としてメンバー発表はしていましたが、それは永田監督の決めたことをそのまま言っていただけ。それが監督として自分が選手を選ぶ立場になると……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る