• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根会長の“子飼い”…吉森専務理事が逆ギレ会見でドン擁護

 8日に辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長(78)。アマチュアボクシング界の“ドン”のあっけない退陣劇だったが、問題の収束はまだまだ見えてこない。新たにぶったまげるような証拠が飛び出したが、またトンデモ人物が現れた。

■当事者意識はゼロ

 山根氏の辞任発表後、告発者側である「日本ボクシングを再興する会」も会見を行い、山根氏の不正を裏付ける2本の音声テープを公開。どちらも、2016年に録音されたもので、1本目には同年4月、日本連盟の“女帝”内海祥子常務理事と女性事務職員との電話でのやりとりが、2本目には同年2月の山根氏の発言が記録されていた。 ※記事の最後に【肉声】あり

 女帝は会話の中で、「(試合に勝つのは)芦屋じゃないの。そのために会長が審判を集めてんだから。正しく(審判を)やっちゃうといけない」などとホンネをポロリ。衝撃的なのは、いわゆる「奈良判定」を巡るドンの肉声である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る