• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

盟友は交友認め辞任 "日大のドン"黒い交際疑惑も再燃必至

 また、トカゲのしっぽ切りだ。8日、辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が、すでに日大の客員教授職を解任されていたことが日刊ゲンダイの調べで分かった。山根氏と日大の田中英寿理事長(71)は盟友だ。今年4月から1年間の予定で、山根氏がスポーツ科学部の客員教授に迎え入れられたのも、田中氏の口利きとの指摘もある。

 山根氏は、まだ日大で授業を行ったことがない。一度も授業を開かずにその座を追われる教授も珍しいが、これこそ日大の“ドン”の常套手段だ。疑惑噴出で山根氏が邪魔者になれば、いくら盟友であっても、あっさりとクビを切る。

■「ヤクザの親分は律儀だ」と感心

 アメフト部の悪質タックル問題では、前監督の内田正人前常務理事や井上奨前コーチに全責任を負わせて懲戒解雇。選手への口封じも子飼いの井ノ口忠男前理事に罪をかぶせ、田中氏は声明を発表しただけ。一度も会見を開かず、逃げ切りを図ろうとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る