木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

公開日:

 10日に登場する木更津総合(東千葉)は3年連続出場。毎年のようにプロ注目の選手を輩出しながら、ほとんどが進学している。一昨年の左腕・早川(早大)、昨年の左腕・山下(法大)、遊撃手・峯村(日大)がそうだ。なぜプロではなく大学なのか、五島卓道監督(63)に聞いた。

■「野球賭博とかいろいろな問題」

 ――今年、プロ注目の野尻(3年、投手)も進学が濃厚だと聞いています。なぜ、直接、プロに行く選手が少ないのですか。

「何も知らない高校生のまま、プロに行くことが果たしていいのか、という疑問があるからです。特に最近は野球賭博とか、いろいろな問題があったでしょう。そういう世界に、まだまだ子供の高校生を飛び込ませていいものか。大学でさまざまな経験を積んでからでも、プロ入りは遅くはないと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る