山根会長“死んだふり”辞任 ボクシング界に根強い院政恐怖

公開日:

 日本ボクシング連盟のドン、山根明会長(78)が辞任を表明した。

 8日の正午過ぎ、約100人の報道陣の前で「おはようございます。私は12時を過ぎても、おはようございますでございます。私は本日をもって、辞任をいたします」と切り出したドンは、濃紺のスーツにシルバーのネクタイ姿。上着の両襟には、日の丸のピンバッジをつけていた。

 トレードマークとなった色つき眼鏡の奥から正面を見据え、「私に対して応援してくれた、33の都道府県(連盟)の皆さまには感謝申し上げます。同時に、選手の皆さまにはこのような問題があったことに関して、法人の会長として申し訳ない。どうか選手の皆さん、東京五輪に参加できなくても、次の五輪もあります。頑張って下さい。本日は本当に申し訳ありません」と謝罪したものの、記者からの質問は受け付けず、わずか3分間で声明発表を終了。深々と頭を下げて、立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る