• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激震ボクシング連盟 辞任の山根会長は「刑事告発」の危機

 大揺れの日本ボクシング連盟。“ドン”こと山根明会長(78)が、ついに辞任表明だ。8日に大阪市内の大阪弁護士会館で会見、「私は本日をもって、辞任を致します」と発表した。7日開かれた臨時理事会では、山根明会長(78)の進退について「会長一任」との結論に至り、理事会終了後、会長自身は「男としてのけじめの話をする」と職を辞する意向を示していた。

 連盟の有志333人の“告発”で始まったクーデター劇。自称「カリスマ」の“独裁体制”は、最後は音を立てて崩れた格好だ。

■横領や暴行・傷害、背任に問われる可能性

 山根会長周辺が不安視しているのが「刑事告発」だ。終身会長の座を奪われただけではなく、捜査の手が伸びる可能性はゼロじゃないからだ。

 特に問題視されているのが、「助成金流用」と、試合用グローブを会長の息がかかった販売店が「独占販売」していた一件。加えて、「暴行問題」だ。どれもこれも、333人からなる「日本ボクシングを再興する会」の告発で明らかになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る