神戸監督が示唆 イニエスタ&ポドルスキ“揃い踏み”はあるか

公開日:  更新日:

「しっかり練習を見て判断する。可能性? 可能性はなくはない」

 7日、J1神戸の吉田孝行監督が言った。一時帰国していた前スペイン代表MFイニエスタ、骨折で戦線を離脱していた元ドイツ代表FWポドルスキが、11日のホーム磐田戦で初共演する可能性をメディア陣に聞かれ、こうコメントしたのだ。

 家族の引っ越し手続きのために1日のアウェーC大阪戦、5日のアウェーFC東京戦を欠場したイニエスタ。ガッカリしたのは、イニエスタの勇姿を一目見ようとチケットを買い求めたファンたちだ。2試合とも前売り段階でチケットは完売していたが、イニエスタが再来日したのは5日夜。FC東京の本拠地・味スタにはいちるの望みにかけたファン4万4801人が詰め掛け、今季最多となった7月22日の横浜M戦(3万4126人)を約1万人も上回った。

「FC東京ファンにしてみたら、勝敗的にはイニエスタ不在は大歓迎だったとはいえ、イニエスタを見たかった! というのがホンネ。FC東京の一部ファンは<イニエスタ 帰ってしまい 家ニスタ>と五・七・五の俳句をひねり、複雑な心境を吐露していた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る