• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神戸監督が示唆 イニエスタ&ポドルスキ“揃い踏み”はあるか

「しっかり練習を見て判断する。可能性? 可能性はなくはない」

 7日、J1神戸の吉田孝行監督が言った。一時帰国していた前スペイン代表MFイニエスタ、骨折で戦線を離脱していた元ドイツ代表FWポドルスキが、11日のホーム磐田戦で初共演する可能性をメディア陣に聞かれ、こうコメントしたのだ。

 家族の引っ越し手続きのために1日のアウェーC大阪戦、5日のアウェーFC東京戦を欠場したイニエスタ。ガッカリしたのは、イニエスタの勇姿を一目見ようとチケットを買い求めたファンたちだ。2試合とも前売り段階でチケットは完売していたが、イニエスタが再来日したのは5日夜。FC東京の本拠地・味スタにはいちるの望みにかけたファン4万4801人が詰め掛け、今季最多となった7月22日の横浜M戦(3万4126人)を約1万人も上回った。

「FC東京ファンにしてみたら、勝敗的にはイニエスタ不在は大歓迎だったとはいえ、イニエスタを見たかった! というのがホンネ。FC東京の一部ファンは<イニエスタ 帰ってしまい 家ニスタ>と五・七・五の俳句をひねり、複雑な心境を吐露していた」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る