• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

こう暑いと山根会長の模倣オヤジが出没するが、真似すなよ

 鳥瞰図のような書き方になるが、暑いから頭がコンガラガラガラないように読んでもらいたい(ガラが1個多かったか?)。

 ガラにもなく日本ボクシング連盟会長にのさばって、ガラにもなくテレビで潔白を主張するのに、ガラにもなく脳みそで咀嚼できない言葉を使いまくったもんだから、それまで主役級の悪役と目されてきた日大の田中理事長がアメフトタックル問題の言い訳を他人事みたいに大学のHPで書いて、「バカヤロウ、謝罪になってねえだろ!」と一斉に袋叩きにならずに、逃げおおせようとしておる。

 それを更に上空から見下ろしていた加計理事長「ふっふっふ、うまいこと隙間に紛れて逃げましたな」
田中理事長「あんたのやり方を参考にさせてもらいました」
加計理事長「しっかし山根さんちょっと駄目かもね」
田中理事長「セコンドの息子からタオル投げ込まれそうですな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る