• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに辞任…山根会長“追放クーデター”の裏に女帝の裏切り

 選手への助成金の不正流用や暴力団元組長との交際が明るみに出た日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で会見し、「本日をもって辞任したい」と、終身会長を辞任する考えを表明した。

 日刊ゲンダイが6日発売の紙面で、「日本ボクシング連盟 山根会長を追放へ」「インターハイ後にも緊急理事会を招集して解任動議」と既報した通りのクーデターが起きていた。7日、日本ボクシング連盟が大阪市内で緊急理事会を開き、複数の理事が山根明会長(78)に辞任を迫ったのだ。関係者によれば、山根会長を含む連盟の32人の理事のうち約20人が造反。すべて山根派で固められていたはずの理事の半数以上が反旗を翻した。

 日刊ゲンダイが報じたように、「一部の理事が山根会長解任に動きだしたのは、岐阜でインターハイが開催されていた先週のことです。体調不良を理由にインターハイを欠席した山根会長が、各メディアの取材を片っ端から受けて持論を展開。元暴力団組長との交友を認めるなど、口を開けば開くほど疑惑を深め、新たな問題を浮上させてしまう暴走ぶりに、山根派の理事たちもさすがに頭を抱えてしまった。そこで、側近だった吉森照夫副会長をはじめとする一部理事が、ドンのいないインターハイに参加している理事たちから説得を開始した」(連盟関係者)というわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る