長身ナガマツ組の強みは日本人離れしたスマッシュ&探究心

公開日:  更新日:

 バドミントンに新鋭が現れた。

 世界選手権(中国・南京)で、女子ダブルスの日本勢として1977年の栂野尾悦子、植野恵美子以来41年ぶりに優勝した永原和可那、松本麻佑組(ともに22)。今大会は3回戦でリオ五輪金メダルの高橋、松友組をストレートで下すと、決勝では前回大会銀の福島、広田組に逆転勝ち。同種目の日本勢では世界ランクで最下位の9位ペアが頂点に上りつめた。

 所属する北都銀行入社後にペアを結成して5年目。元世界ランク1位のタカマツペアですら成し得なかった偉業を達成し、一躍、東京五輪のメダル候補に浮上である。

 松本(177センチ)、永原(170センチ)と、日本女子にしては異色の大型ペアの強みは高い打点からのスマッシュだ。

 元日本協会ナショナル強化本部長の芝スミ子氏が、永原、松本組について「上背のある海外勢相手に真っ向勝負も可能なペアです」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る