米国遠征3戦全敗…なでしこジャパン高倉監督の苦悩は続く

公開日:

 なでしこジャパンは米国で開催された4カ国対抗の最終戦(日本時間3日)でオーストラリアに0―2で敗れ、3戦全敗で最下位に終わった。

 もともとAマッチデーではないため、熊谷紗希(リヨンDF)の招集はかなわず、阪口夢穂(ベレーザMF)は長期離脱中。しかし、厳しい台所事情だからこそ試せるコンバートもあった。

 新潟所属のMF阪口萌乃は今大会、サイドバックでフル参戦した。さらに左右のサイドバックをこなす有吉佐織(ベレーザDF)は、まさかのボランチで起用された。

 初めてのポジションの選手ばかりで世界の強豪を向こうに回せば、難点噴出も当然だ。3戦8失点は褒められたものではないが、内容的にはよく健闘した方である。

 それよりも、決定力不足に悩む攻撃陣の方が重症だ。世界相手の3ゴールは成長の証し。エースの期待を担うINACのFW岩渕真奈も実感している。ただし危機感はぬぐえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る