• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

イニエスタ、トーレスはもちろん長崎の闘将バイスも期待大

 W杯ロシア大会決勝でフランスが20年ぶり2度目の優勝を飾ってから2日後、J1リーグが再開されました。あのイニエスタが神戸に、あのフェルナンド・トーレスが鳥栖に新加入するなど話題に事欠きません。

 再開J1は、球際の激しさや攻守の切り替えの速さ、そして暑くても走り抜くスタミナなどがパワーアップ。素晴らしいゲームが続いています。

 神戸の場合、4年目のMF増山やルーキーMF郷家が、試合中にイニエスタから“学びながらプレー”しているのが印象的です。試合中、イニエスタから正確なパスが出てきます。これから点取り屋のFWポドルスキが復帰してきたら――。ワクワクしているのは神戸のファンだけではないでしょう。

 神戸の番記者が「練習場にも多くのファンが詰めかけている」と教えてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る