• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メルボルン入り報道の本田 豪行きの裏に新ビジネス足固め

 ロシアW杯後に「日本代表から引退」を表明したMF本田圭佑(32)。

 メキシコ・パチューカを離れ、移籍先が注目されていたが、J名古屋2005年入団の同期生で元北朝鮮代表MF安英学と横浜市内の朝鮮中高級学校をサプライズ訪問(7月19日)したり、経産省で世耕経産相と会談(同21日)したり、およそ現役サッカー選手とは思えないような動きを見せていた。

「本田は名古屋入りする際に朝鮮半島にルーツがあり、安英学の入団にも関わったスカウティング部門の担当者の推薦があった。その縁もあって安英学とは気心の知れた仲だった。経産相との会談は本田サイドから持ちかけた話。経産省は6月にベンチャー支援事業をスタート。ベンチャー企業を育成する投資ファンドへの関心を高めている本田と会談すれば、新規の支援事業をアピールできるという思惑があった」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る