• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

17歳の“天才司令塔”久保建英は森保ジャパンの初陣を救うか

 日本代表監督を兼任するU―21代表(2020年東京五輪世代)の森保一監督(49)にとって初めての公式大会となるのが、14日に1次リーグの初戦を迎えるアジア大会(インドネシア)だ。

 同大会にはU―21代表の若手選手が参戦。代表メンバーは3日に発表される。しかし、A代表の常連と比較するまでもないが、知名度がないので話題性に乏しく、指揮官の地味なキャラクターもあいまって、どうにもこうにも森保ジャパンの初陣が盛り上がらない。

「そこで起爆剤として期待されているのが、FC東京に所属する17歳MFの久保建英です」とサッカー関係者が続ける。

「10歳からバルセロナの下部組織でプレーしていた久保は、プレースタイルがバルセロナのメッシに似ていることから<和製メッシ>と呼ばれていた。15年3月に帰国してFC東京の下部組織に入団。17年5月開幕のU―20W杯に弱冠15歳で選ばれ、飛び級の参加ながら成熟したプレーを随所で見せた。大会後、チームを率いた内山監督が『彼の目標は(東京五輪の)五輪代表ではなくてA代表です』と言い切っていたのが印象的だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る