日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G野手で唯一U24代表入り 捕手・宇佐見に一塁コンバート案

 11月16日に開幕するアジアプロ野球チャンピオンシップの代表メンバーに、巨人からは田口麗斗投手(22)と宇佐見真吾捕手(24)が選ばれた。

 巨人では唯一の野手となった宇佐見は「正直びっくりしていますが、日の丸を背負って戦えることをうれしく思います」と球団を通じてコメントした。

 今季は右手の骨折で出遅れたものの、8月に一軍昇格すると、21試合で打率.350、4本塁打、8打点。貧打に泣いたチームにあって「打てる捕手」として期待される若手有望株である。

■一塁と捕手の両にらみ

 現在、宮崎で行われているフェニックス・リーグに参戦中。来季は小林と正捕手の座を争うことになるが、高橋由伸監督には別の構想があるという。

 さるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事