日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

門倉健氏が指摘 「巨人はマシソン流出なら根幹揺らぐ」

「引き留めの重要度でいえば、マシソンが最優先です。5、6人で回す先発投手はやりくりで穴を埋められる可能性があるが、勝ちパターンの八、九回のリリーフは代わりが利かない。その中でも今季の抑えを務めたカミネロは投げてみないと分からない怖さがあった。その前に安心できるマシソンがいたからこそ起用できた部分もあるでしょう。オフに米国の自宅に巨人の選手を泊めて一緒にトレーニングを行う助っ人なんてあまり聞きません。6年間在籍して新外国人に巨人や日本の野球を指南できる存在。もし流出するようなら、チームが根幹から揺らぐことになります」

 今季の年俸は2億8500万円。メジャーとの争奪戦を制するため、たとえ10億円が必要になったとしても、マシソンの残留は、補強以上の価値があるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事