• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

門倉健氏が指摘 「巨人はマシソン流出なら根幹揺らぐ」

「引き留めの重要度でいえば、マシソンが最優先です。5、6人で回す先発投手はやりくりで穴を埋められる可能性があるが、勝ちパターンの八、九回のリリーフは代わりが利かない。その中でも今季の抑えを務めたカミネロは投げてみないと分からない怖さがあった。その前に安心できるマシソンがいたからこそ起用できた部分もあるでしょう。オフに米国の自宅に巨人の選手を泊めて一緒にトレーニングを行う助っ人なんてあまり聞きません。6年間在籍して新外国人に巨人や日本の野球を指南できる存在。もし流出するようなら、チームが根幹から揺らぐことになります」

 今季の年俸は2億8500万円。メジャーとの争奪戦を制するため、たとえ10億円が必要になったとしても、マシソンの残留は、補強以上の価値があるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る