日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手躍進で11月場所は余裕なし 4横綱に迫る世代交代の波

 11月場所は横綱鶴竜(32)の正念場――なのは間違いないが、白鵬(32)、稀勢の里(31)、日馬富士(33)の3人にとっても、今後を左右する分水嶺となりそうだ。

 99年ぶりに3横綱2大関が休場するという異常事態の中で行われた9月場所。賜杯を手にしたのは横綱の意地を見せた日馬富士だったものの、無視できないのが若手力士らの躍進だ。

 中でもスポットライトを浴びたのが、三賞を獲得した3人。殊勲賞の貴景勝(21)は1横綱1大関を破り、9勝6敗。小柄だが、押し相撲のセンスは上位陣にも引けをとらない。敢闘賞の阿武咲(21)は、以前から「アイツはものになる」と言われていた注目株。1横綱1大関に2日連続で土をつけ、10勝5敗。来場所は三役が濃厚だ。同じく敢闘賞の朝乃山(23)は、新入幕ながら終盤に優勝争いに加わる大番狂わせを演じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事