• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山4連続含む7バーディーで首位T 主催者の思惑はね返す

 折り返してからは12番からの3連続バーディーを奪い、一気にトップと2打差の2位まで上昇。

 続く15番はティーショットが左サイドの木に当たり、左ラフ。その時点で雷雨接近による中断になった。

 再開後は2オンこそ逃すも、アプローチをピンそば50センチによせて4連続バーディーと勢いが止まらない。首位キスナーと1打差。17番でも1.5メートルを沈めてついに首位タイに並んだ。

■地味なペアリング

 前週のWGCブリヂストン招待最終日にT・ウッズのコースレコードに並ぶ61をマークして、見事な逆転勝ちを演じ、今週は優勝候補の筆頭に挙げられた。注目選手になればペアリングも豪華な顔ぶれになるはずだが、予選2日間はE・エルス、I・ポールターの2人と地味だった。

 今季メジャー覇者がそろったS・ガルシア(マスターズ)、B・ケプカ(全米オープン)、J・スピース(全英オープン)組がもっとも注目されたが、R・ファウラーやJ・ラームらメジャー初優勝が期待される若手の組に松山が入ってもよかった。世界ランク3位ならD・ジョンソン(1位)やR・マキロイ(4位)と一緒でも見劣りしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る