日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

36歳でポーランド移籍 松井大輔に欧州再挑戦の決意聞いた

 2004年のフランス2部(当時)ル・マン移籍を皮切りに、4カ国7クラブを渡り歩いた元日本代表MF松井大輔。ここ3年半はジュビロ磐田でプレーしたが、36歳になった今夏、欧州再挑戦に踏み切った。海外8クラブ目はポーランド2部オドラオポーレ。3部から昇格したばかりの新勢力だ。

 成田空港から新天地へと向かった松井を直撃した。

「(初海外の)ル・マンも2部からのスタート。磐田に帰ってきた時もJ2だった。今回もポーランド2部ですからね。初心に戻れるかな、と。今はワクワク感しかない」と松井は、実にすがすがしい表情でこう切り出した。

 30代での大陸間移籍はメキシコ・パチューカの日本代表MF本田圭佑(31)と同じ。10年南アフリカW杯で日本代表を16強に導いた盟友の決断は、自分自身と重なって映る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事