日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サニブラウン200m決勝進出 ボルト抜き史上最年少記録

 日本を代表するスプリンターが表彰台に望みをつないだ。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は9日(日本時間10日)、男子200メートル準決勝を行い、サニブラウン・ハキーム(18)が20秒43(向かい風0・3メートル)で組2着となり、10日の決勝に駒を進めた。

 18歳5カ月でのファイナル進出は世界最速男ウサイン・ボルトの18歳11カ月(05年ヘルシンキ大会)を抜いて史上最年少記録。日本勢では03年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶりの快挙である。

 冷たい風が吹き付ける中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタートでの出遅れを取り戻すように、ぐんぐんと加速し、100メートル過ぎには2番手に浮上。直線に入ってもスピードが落ちることなく、世界歴代2位の記録(19秒26)を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)の猛追を振り切ってゴールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事