• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバル不在 横綱白鵬39度目Vで“モンゴル時代”再び到来

 横綱白鵬(32)の増長に、いよいよ拍車がかかってきた。

 39回目の優勝を達成した23日は、インタビューでいきなり、

「名古屋のみなさん、サン、キュー!」

 と優勝回数を掛け合わせた、つまらないダジャレ。さらに「名古屋場所は今年で60年記念大会。昭和33年のこの場所で初代若乃花が優勝しまして……」と話すと、モンゴルを訪れた初代若乃花にお菓子をもらったエピソードを披露した。「それが『うまい棒』でした」と締めたが、結局何を言いたかったのか。

 やりたい放題、言いたい放題の白鵬に、今や怖いものなどない。今年1月場所後は稀勢の里(31)が横綱、5月場所後はその弟弟子の高安(27)が大関に昇進。日本出身力士が立て続けに出世したことで白鵬らモンゴル勢は話題にも上らなくなったが、状況はすっかり以前に逆戻りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る