• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「集中力が…」85位スタート池田勇太の弁明に識者が苦言

【パナソニックオープン】

 昨年覇者の池田勇太(31)は大会前日、「気合が大きい」「いい感じでプレーできる気がする」「オフトレで飛距離が伸びている」「ゴルフの調子は悪くない」とリップサービスたっぷりだった。

 ところが初日は73で回り、2オーバー85位タイ。トップとは9打差だ。

 すると海外転戦から18日に帰国したばかりで、時差ボケを理由に、「グリップがしっかり握れなかった」だの「だんだん集中力が途切れてしまった」と言い訳タラタラ。「明日は気持ちを新たにやりたい」と巻き返しを誓ったが、よっぽどの熱狂的な池田ファンでない限り、額面通りに受け取る向きは少ないはずだ。ようするに口ばかり達者なのだ。

 評論家の菅野徳雄氏がこう言う。

「サラリーマンだってみんな疲れているけど必死になって仕事をしている。池田はものすごく賞金を稼ぐことができるプロゴルファーなのだから弱音は絶対に口にすべきではない。昔から尾崎将司に憧れて言動をマネているが、そんなことで男子ツアーの人気が高まると思ったら大きな勘違い。それどころか男子ツアーの足を引っ張っているともいえる。人を引きつける魅力がプロになければ男子ツアーはますますジリ貧になっていく。ふんぞり返って横柄な口の利き方をしているようでは、プロフェッショナル意識が足りないと言われても仕方ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る