• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

婚約者に暴行のメッツ守護神 DV規定違反で出場停止の代償

 昨季、51セーブを挙げたナ・リーグのセーブ王が復帰である。

 メッツのテリー・コリンズ監督は20日(日本時間21日)、婚約者に暴行して逮捕され、15試合の出場停止処分を科されたジェウリス・ファミリア(27)を登録すると発表した。同日のフィリーズ戦からベンチ入りした。

 メッツの守護神であるファミリアは昨季78試合で3勝4敗51セーブ。自身初のタイトルを獲得したが、昨年10月に同居するビアンカ・リバスさんに暴力を振るって、MLBのDV規定違反で厳罰が下った。先のWBCにはドミニカ共和国代表で出場。開幕から投げられない鬱憤を晴らすかのように4試合で2セーブを挙げ、母国の2次ラウンド進出に貢献した。

 メジャーでは出場停止処分を科された選手は当該期間の年俸がカットされる。年俸742万5000ドル(約8億1000万円)のファミリアは罰金も含めて73万328ドル(約7900万円)を失うことになる。

 メッツ投手陣では2番目の高給取りとはいえ、DVの代償は高くついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る