• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公式練習で2度着氷 樋口新葉に“3回転アクセルの遺伝子”

 十字架を背負うことになるのか。

 20日に開幕するフィギュアスケートの世界国別対抗戦(東京)の公式練習が行われ、樋口新葉(16)が、浅田真央の代名詞だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度着氷させた。

 先日の引退会見で真央は、「なんでもっと簡単に跳ばせてくれないのって感じ」と言ったトリプルアクセルだが、体が細かった10代のころはおもしろいように決めていた。

 全日本選手権で2年連続2位の樋口は、「降りたのは初めて。何も考え過ぎずに跳べたかな」と言い、平昌五輪の出場権がかかる来季は「プログラムには入れたい」と新たな武器にするようだ。

 真央が引退した直後に初めて決めたのは奇遇だが、ひょっとすると「魔物」ともいわれるトリプルアクセルの魅力に取りつかれたかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る