日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳥谷のエラー誘う激走 竜ドラ2京田は“真面目な松田宣浩”

 高校球児さながらのヘッドスライディングで試合を決めた。

 19日、中日のドラフト2位・京田陽太(23=日大)が阪神戦でサヨナラ勝ちのヒーローとなった。九回2死二、三塁の場面で打席が回り、3球目に打った打球は三塁線へ。俊足ルーキーの全力疾走に焦った鳥谷がファンブル。決死のヘッドスライディングでセーフになり、うつぶせのままガッツポーズを見せた。

 お立ち台で「持ち味は足なので、しっかり全力疾走しました」と話したヒーローは、この日のスタメンで唯一の新人。奈良原内野守備走塁コーチは「脚力と打力は十分にある。あとは守備面。足を使わずに手で捕りにいってしまう。足をもっと生かしてミスを減らせば『走攻守』三拍子揃った選手になれる」と言う。その課題だという守備については、本人も自覚がある。

■「目指す選手は鳥谷さん」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事