日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島は泣き、巨人は救われ…セ審判“微妙判定”2連発の波紋

 そりゃ怒る。昨19日のDeNA戦の六回1死、広島田中が放った遊撃へのゴロがアウトになると、緒方監督がベンチを飛び出した。

「足が先だろ!」

 そう言わんばかりに一塁の山路塁審に詰め寄った。テレビ中継のスロー映像では明らかなセーフに見えたが、本塁を除くアウト、セーフの判定は覆らない。渋々、緒方監督も引き下がったが、それだけでは終わらなかった。

 七回2死一、二塁。小窪が遊ゴロを放ち、一塁へヘッドスライディング。これも完全にセーフのタイミングだったが、またも山路塁審はアウト判定。緒方監督、再びベンチを飛び出すといよいよ抗議が止まらない。

「おまえ、審判辞めろ!コラァ!!」

 鬼の形相で山路塁審を怒鳴り続け、退場処分となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事