• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

個人成績だけじゃない ダルに求められる“エースの役割”

 98~00年、ヤンキースがワールドシリーズを3連覇した当時、3連戦の初戦に投げる先発は、自分が勝利投手になることだけを考えていたわけではなかった。結果を出したうえで、なおかつ内角球を使って意図的に相手チームの打撃を崩していた。2、3戦目の投手に楽に投げさせるためだ。

 速球系の球で執拗に打者の内角を攻める。打者は次第にポイントを前に置くようになり、体の開きが早くなる。そうやって相手打者の打撃を崩し、2戦目以降の投手が外角変化球をより有効に使えるように心掛けていた。

 18日(日本時間19日)のアスレチックス戦に先発したレンジャーズのエース・ダルビッシュ(30)は、2点リードの6回に崩れて今季ワーストタイの4失点。今季2敗目を喫したものの、前回13日のエンゼルス戦では内角球をうまく使っていた。

 エンゼルス戦では序盤に150キロ台後半の速球やツーシームで内角の厳しいコースを攻めたことによって、外角スライダーが面白いように決まった。7回を投げて、10奪三振、無失点。首脳陣は「インコースをうまく使った」と口をそろえた。序盤に内角球でエサをまき、打者がポイントを前に置いたところで、外角の変化球で泳がせた。勝つために理想的な投球には違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る