日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

上野由岐子が明かした 東京五輪への決意とベテランの弱音

 3年後に「聖地」となる場所で決意を語った。

 17日、6月に行われる「日米対抗ソフトボール2017」の記者会見が横浜スタジアムで開かれた。日本代表の宇津木麗華ヘッドコーチ(53)、主将の山田恵里(33)、エース投手の上野由岐子(34)らが出席。上野は代表に初選出された17歳の高校生(勝股美咲)に、「年齢のことは言いたくないけど、彼女とは17歳離れている。今年17年目なので、ソフトボールを始めたときに(勝股が)生まれたんですよ」と言って苦笑いだった。

 横浜スタジアムは東京五輪の試合会場に決まっていることもあり、上野は「東京五輪をイメージした戦いをしていきたい」と意気込みを語ったが、一方でこれまで東京五輪への出場意欲を明言してこなかった。2020年には38歳になるベテランに話を聞いた。

■「2年前はとても続けようという気持ちには……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事